2022年08月15日

長崎の郵便配達

敗戦の日の今日、映画「長崎の郵便配達」を見てきました。
https://longride.jp/nagasaki-postman/
「タウンゼント大佐」という名まえに聞き覚えがあるな、と思ったら「ローマの休日」のモデルになった悲恋のカップルの男性の方だったんですね。私が生まれる前のことですが、当時は大変なスキャンダルだったことでしょう。
朝9時20分の上映でしたので、8時50分にMOVIX三好に到着すると、開場前の人だかりができていました。多くはポケモンかワンピースがお目当てだったようですが「長崎の郵便配達」もそれなりに混んでいました。と言っても小さめの劇場に20人いるかどうかというところです。
私の座席の近くで「何十年ぶりかに映画を見る」という高齢の女性がいらっしゃいました。若いカップルとご一緒でいたので、帰省された娘か息子夫婦とそのお母様といった風情でした。始まる前は久しぶりに見る映画に少し興奮気味でしたが、見終わってから「思ってたのと違った」とお連れをがっかりさせるようなことをおっしゃっていました。邦画だと思ってたのに、ほぼ全編英語だったためでしょうか。
タウンゼント大佐のもとの声をナレーションに使っていたのですが、カセットテープに録音された音声を映画で聴くに堪えるようにするには相当の技術を要したことと思います。また、浦上天主堂の司祭様が見事なフランス語で会話されていらっしゃいました。
原爆で背中を大やけどした「スミテル」少年の写真にも見覚えがあります。タウンゼントさんとスミテルさんが会ったのが1982年ころでしたから、私もちょうど「テンフィート運動」などで核兵器廃絶のための活動をしていました。
歴史が確かに動いていると実感した映画でした。
posted by nora_asuke at 15:42| Comment(0) | #映画

2022年07月22日

「百年と希望」国際ドキュメンタリー映画祭

映画「百年と希望」が韓国のドキュメンタリー映画祭で上映されます。
https://twitter.com/DMZDocs/status/1549223757252038657/photo/2
上から3番目に書いてあるのがそうです。
日本共産党を韓国の人がどう見るか、期待しています。
posted by nora_asuke at 13:39| Comment(0) | #映画

2022年07月16日

映画「モガディシュ」

今日、ハンガリーから帰国した生徒が早速訪ねてきてくれました。ハンガリーはウクライナと国境を接しているので、ロシア軍の侵攻を聞いた時から心配していました。コロナ禍で出発する前から不安材料に事欠かなかったので、顔を見たら本当にほっとしました。
さて、話の流れから「モガディシュ」という映画を見ておくといいよ、と一言添えました。
https://mogadishu-movie.com/
ソマリアの反政府勢力の攻撃を受けた南北朝鮮の大使が脱出する、という本当にあった話です。ウクライナ侵攻が起こる前から世界は紛争が絶えなかったという歴史と、南北朝鮮の複雑な関係が一度にわかるエンターテインメントです。
数年前には「タクシー運転手 約束は海を越えて」という韓国映画を見にはるばる茶屋のイオンまで行ったことがあります。「ベイビーブローカー」も見ましたよ。こちらは是枝幸弘監督作品ですが、韓国映画の持つ面白さ「チェミイソヨ」を堪能いたしました。
「日米軍事演習」は建前上できないはずですが、「米韓軍事演習」は堂々と行われます。韓国の若者が徴兵制で兵役に就くこともわりによく知られるようになっていることと思います。
語学の活用は平和目的だけではありません。
posted by nora_asuke at 14:46| Comment(0) | #映画