2021年05月19日

学校の校庭

カテゴリーが「高校時代」になっていますが、小学校・中学校時代の思い出です。
私が名古屋市内の小中学校に通っていた頃は、全国的に「マンモス校」が問題になっていて、校舎が足りずプレハブで臨時の教室を作って間に合わせるみたいなことをやっていました。特に私が住んでいた八事周辺は人口増加で「天白区」が「昭和区」から分離した時期です。(同じころに「名東区」が「千種区」から別れました。私が卒業した「千種高校」は名東区にあります。)
私は小学校3年生の終わりごろに名古屋市内に引っ越して、2か月間だけ「八事東小学校」に通いましたが、4月からは「分校」に移りました。現在の表山小学校です。「分校」にはまだ校庭がなくて、校舎に面した道路を「トラ柵」で通行止めにして体育の授業をしていました。
八事エリアはアップダウンの大きな土地で、その後ちゃんとした校庭ができたのですが、校舎よりかなり低い地面で、5・6年生時に4階が教室だった私たちは校庭まで出るのにビルの5階を往復するほどの階段の上り下りを要したのでした。男子は、階段の手すりに腰かけて滑る降りるという荒業で校庭まで行っていましたが、年齢的にも横着になるお年頃の女子は休憩時間どころか体育の時間にも校庭に出ることが億劫で、次第次第に体育をさぼるようになりました。
中学校も似たような経緯で、1年生の時に通ったのは「天白中学校分校」で2年生から「御幸山中学校」になりましたが、建物は同じ場所です。こちらの校庭はさらに高低差がありました。小学生のように「休み時間には外で遊びましょう」みたいなことは言われませんでしたが、部活の際に校舎の周囲を走るなんて過酷なトレーニングをしていたハンドボール部(男子)は、その後全国的に活躍するようになり、御幸山中学校設立2年目にして学校にトロフィーをもたらしました。
それがどれほど先生たちを喜ばせたか、当時の私には全く想像できていませんでした。
posted by nora_asuke at 17:22| Comment(0) | #高校時代

2021年04月28日

喫茶店でお抹茶

今日は誘われて瀬戸市の陶磁美術館へ行ってきました。「海を渡った古伊万里」展の後誘ってくれたお友だちとそのまたお友達の3人で、「ギャラリー寛」という古民家カフェに場所を移して美味しいお抹茶と栗きんとんの温かいものをいただきました。お抹茶のお菓子が温かいというのは初めての経験でした。お友だちのお友だちは初対面ながら愛教大の同窓生ということになり、思いがけず共通の知り合いの名前が何人もありました。
考えてみると、誰かとお茶をするというのも昨年Language Villageから帰って以来初めてです。「ギャラリー寛」は充分にソーシャルディスタンスをとれるだけの広さのある落ち着いたお店でした。
先日ネットニュースか何かで「家事を省力化するために子どもに持たせる水筒に水を入れる」と書かれていて少し驚きました。麦茶を沸かす時間もいらないし、茶渋がつかないから洗う手間もいらないと。確かに合理的だが、お茶を飲むのは水分補給だけが目的ではありません。「茶飲み話」とか「茶飲み友達」というのが日ごろのコミュニケーション能力を育てるのではないかと思います。
中国語を習っていた時に中国茶の喫茶店を紹介されて、コーヒーや抹茶よりもお高いお茶を飲みに出かけたものです。コトバを習うだけでは知ることのできない文化に触れる空間でした。
お茶とお菓子をいただいた後はマスクをかけたままでしたが、よもやま話をする楽しみを久々に味わいました。
posted by nora_asuke at 17:58| Comment(0) | #高校時代

2020年05月25日

青春ラブストーリー

私の高校時代については「夢のつづき」という小説にまとめて掲載してあります。
今年の初めに開かれた学年全体の同窓会で、卒業以来初めて会った同窓生から衝撃の事実を聞いて、なかなか消化できずにいたのですが、忘れないうちに書いておきたいと思います。
私が高1と高3の2年間同級だったKさんという才媛がいました。彼女とは名簿順が近くて、1年生の時は私が廊下側の最前列、彼女がその後ろという席順でした。
高校2年生の夏から私もコンタクトレンズというものを装着するのですが、当時は度の強い眼鏡をかけて最前列にいたにも拘わらず黒板に書かれた文字が非常に読みにくくて、後ろの席にいたKさんに「黒板読める?」と尋ねたところ、彼女は「私、ノート取らないから」とサラッと言うのでした。
後々、廊下側の席から左前方の黒板は誰にとっても見えにくく、学習環境が最悪であることを知るのですが、私はKさんの余裕のある態度に気おされて、そのまま落ちこぼれの道をたどっていきました。
そして、冬休み明けにKさんは長期に病気欠席をしたのですが、3年生で同じクラスになった時にはその影は全くなく、スポーツ大会も学祭も一緒に盛り上がったのでした。
彼女の訃報を聞いたのは、大学卒業後1年足らずの頃でした。1年時の入院がすでに死を避けられない闘病の始まりであったことを、通夜のために集まった同窓生に当時の担任から話があり、「本人には病気のことを知らせていなかった」と聞いたのです。「死を覚悟して生きることは困難だろう」と。
ところが、冒頭の同窓生の言うには「自分は知ってたよ。○○がKと付き合ってたから」。
えっ!!!! Kさんは、自分が死に病だと知っていて、しかも家族や教師がそれを隠しているのを知っていて、私たちと一緒にスポーツ大会や学祭や入試に取り組んできたわけ?
還暦の年まで秘められた青春のラブストーリーを、ここに記します。
posted by nora_asuke at 13:15| Comment(0) | #高校時代