2023年02月20日

視聴率の1パーセント

昔シナリオの勉強をしていたころ、所長の新井一先生が「テレビの視聴率の1パーセントは200万人に相当する」と言われました。ユーチューバーのフォロワーが100万人越えというのはなかなかたどり着けない数だと思います。テレビ離れの言われる昨今ですが、影響力という点でまだまだテレビというメディアの力は侮れません。
映画もテレビも人類の歴史という長い目から見ると新しい存在です。とはいえ、コトバでは伝えきらない情報を見せてくれるメディアの存在は貴重です。ネットもまたそのあとに続くメディアかと思います。
(テレビ70年企画ドラマを見ながら書いてます)。(#^.^#)
posted by nora_asuke at 22:05| Comment(0) | #シナリオ

2023年02月12日

ブーフーウー

昨夜、Eテレで「おかあさんといっしょ」の歴史を振り返る番組の放送がありました。2月19日に再放送があるそうです。
https://www.nhk.or.jp/bunken-blog/200/478838.html
私が子どもの頃「ブーフーウー」を毎日見ていて、飯沢匡さんが作家として参加されていたことは知っていましたが、今さらながらにNHKの本気を思い出させてくれる番組でした。私が記憶しているのは着ぐるみのブーフーウーですが、製作費を削減するために小さなぬいぐるみや操り人形も併用していたそうです。「お金がなければ知恵を出せ」というプロレタリア魂を感じました。
番組放送にあたり飯沢匡さんのガリ版刷りの台本が出てきたそうです。中川翔子さんが「手書き原稿」とおっしゃっていましたが、飯沢さんの自筆ではないですね。ガリ版の文化がすでに死滅状態と察しました。
Eテレでは「白熱教室」の新しいシリーズも始まったようです。マイケル・サンデル教授がナマで語る英語は、割と初心者向きです。復旦大学の学生の英語とハーバード大学の学生の英語が両方聴けるかなり贅沢な番組です。
posted by nora_asuke at 14:12| Comment(0) | #シナリオ

2022年08月05日

リノベ

月曜9時の「競争の番人」に続く時間帯の「魔法のリノベ」も楽しく拝見しています。杏さんと波留さんの見分けが難しいのは私の歳のせいでしょうか。
「競争の番人」の原作本は図書館にリクエスト中です。先日「サイン入り原作本プレゼント」も応募しましたので、うまくいけばゲットできるかもしれません。
「魔法のリノベ」は原作がコミックですが、「あいち旅eマネーキャンペーン」でAmazonギフトをもらったので「これを買って、BOOKOFFで売る」という少しいけないことを考えました。ところが、Amazonのサイトを見ると、「魔法のリノベ」の第1巻がkindle版無料になっていました。速攻ダウンロードして読みましたが、どうやらドラマの出来の方が格段にいいようで、2巻目以降は買うに及ばす、という結論を出しました。
ドラマの中では、CADというのでしょうか、コンピューターを用いて次々と立体的なリノベアイディアが提示されます。初回放送の古民家物件なんて、まるで我が家を見ているようでした。具体的に「○○百万円」と提示される金額を聞いて、正規雇用の教員だったら出せない金額ではなかったのに、とため息をついています。
posted by nora_asuke at 15:29| Comment(0) | #シナリオ