2022年01月04日

ギボムスのストライキ

一昨日の夜は「義母と娘のブルース」2022年スペシャル版の放送がありました。レギュラーシーズンで放送された時には原作コミックも手に入れて、確か、みゆきちゃんに孫が生まれた、くらいまで描かれていて、そういうふうに話が進むのかと思っていたら、全然違いました。
まだこれから配信で見ると言う方には、少しネタバレになってしまいますが、企業合併を巡る経済的な知識がないと少し理解が難しいです。もっとも、麦田店長にはそういう知識は全くないようで、単純にラブコメとしても充分楽しめます。
「最近ストライキって聞いたことないよな」と思っていたら、このブログの記事に、2008年に漁師さんたちが大規模なストライキを行ったことが書いてありました。(2008年7月16日)
「企業を合併することで、社員が幸せになる」とか「早期退職で退職金をたくさんもらった方が有利になる」とか、最近だと「転職する方が給料が上がる」とか、世の中には一見しただけでは白黒つけられないニュースがたくさんあります。はたまた、「子育て」や「介護」で離職する女性を賛美する世間の風潮も決してなくなったわけではありません。
最近「学研教室」や「ヤマハ英語教室」の先生たちが労働組合を結成という心強いニュースが届き始めました。Amazonやウーバーの労働者たちも組合結成に歩を進めているようです。
「そんなニュース聞いたことない」とおっしゃる皆さん、赤旗日曜版で紹介されています。お申し込みはお近くの議員事務所ないし、JCPのホームページをお訪ねください。
https://www.jcp.or.jp/akahata/
posted by nora_asuke at 16:20| Comment(0) | #シナリオ

2021年11月26日

縁を切った友人

今年もぼちぼち「喪中につき年末年始のご挨拶を失礼します」というはがきが届き始めました。その中にこの30年近くこちらからは一切送っていないのに、毎年年賀状を送ってくれる(もと)友人がいます。
彼女は大学時代の活動家仲間で1学年上の先輩で、卒業後は京都の特別支援学校で教職についていました。当時正規採用になった数少ない活動家でしたので、とても尊敬していました。その彼女が「会いたい」と言って、わざわざ豊田まで出向いてくれたので、私は喜び勇んで松坂屋の前身の「とよたそごう」の「It's a small world」時計の下で待ち合わせをしました。
そこで彼女が切り出したのは「アムウェイ」への勧誘でした。
私はちょうど、マルチまがい商法を題材に「無限連鎖への招待」というコンクール応募作品を書きあげたところで、言葉を尽くして説得を試みましたが、彼女に私の言葉は響きませんでした。私は「友達を一人失ったと思ってくれ」と言って彼女と別れました。それきりこちらからは一切連絡を絶ったのですが、向こうからは夫婦で仕事をやめて「アムウェイ」に専念する様子を知らせる年賀状が届きました。
今は「ネットワークビジネス」という、なんだかIT系の仕事のようにも聞こえる名まえで相変わらず各種のアブナイ企業が活動しているようです。このブログを引っ越す際にも念を押しましたが、私自身「ヴェーネレ」という美容器具のマルチ商法に危うく手を染めるところでした。
シナリオライターになることはできませんでしたが、ずいぶんいろいろなことを学んだシナリオ修行でした。
posted by nora_asuke at 09:53| Comment(0) | #シナリオ

2021年10月29日

モネロス

まだお昼と夜の再放送が残っていますが「おかえりモネ」が最終回でした。菅波先生が「呼吸器の医者が足りない」と言われて東京へ戻ってから2年半後まで時間が飛びました。モネちゃんが「お疲れ様でした」と迎えていたので、コロナ終息後の未来です。
普段から天気予報はよく見る方でしたが、いっそ気象予報士の勉強をしようかと思うほど一生懸命拝見していました。「海も山も空も水でつながっている」というのは、ドラマのキーワードでした。地球が水の惑星であることを毎朝丁寧に教えてくれたドラマでした。
「利益が出ない」と悩むモネちゃんが一層リアルでした。資本主義経済の中で経営を成り立たせる可能性と限界についても多くの示唆があったと思います。
最終回に総選挙が重なることまでは制作スタッフは予想できなかったと思います。お天気と違って政治は人間の意思で決定されます。
これから「Your Vote is Your Voice.」のTシャツを着て、国民文化祭わかやまに向かいます。
posted by nora_asuke at 11:03| Comment(0) | #シナリオ