2019年12月02日

しば漬け食べたい

「しば漬け食べたい」のCMで一世を風靡した山口美江さんは、7年前に急逝されました。バンリンギャルという言葉も古くなりました。
先週の金曜日、日帰りバスツアーで京都へ行って来ました。4月に北陸へ行った時と同じ会社のツアーです。今回は税込み6500円でしたが、かなりお値打ちなことに変わりはないです。行き先は、南禅寺、永観堂、錦市場、嵐山、大石酒造という酒蔵です。北陸ツアーの時のようなあからさまな高額物販はありませんでしたが、車内販売でお漬物5種1000円なりというお土産の斡旋があり、自分用に一つ買い求めました。
我が家では、おばあさんが冬は大根と白菜、夏は瓜の漬物を作るのを自分の義務だと思って励んでいるので、私は原則的に漬物を買うことができません。美味しいんですけど、たまには「しば漬け食べたい」気持ちに駆られます。
今日、オフィスでコメを炊いて、お惣菜屋で買った酢豚と↑で買った漬物の一つ「ゆかりむらさき」をいただきました。大変おいしゅうございました。
漬物は1パックが50グラムほどですので、今日は1パックの半分を食べました。
格安ツアーは、昼食が程よく粗末で、嵐山のレストランでいただいた湯豆腐はそれだけで皆さんお腹が膨れたようです。以前、お着物屋さんの招待で南禅寺で湯豆腐をいただいた時は、20万円もする帯を買う羽目になってしまいまいました。今回は、5500円の清水焼のお抹茶茶碗を買ってまいりましたので、ぜひまた「お勝手流」のお茶会など催したいものだと思っています。
posted by nora_asuke at 13:42| Comment(0) | #旅行

2019年10月27日

ニューヨークへ行ってきました 9

10月16日帰国の日を迎えました。12時にはフライトですので、9時にはホテルの前までウーバーを頼みました。平日の朝ですので、来た日ほどの渋滞はありません。アメリカの小学生が通学するらしい黄色いバスを何台か見かけましたがどれも子どもは乗っていませんでした。学校まで送り届けた後のようです。
JFK空港の7番ターミナルまで着くと、あっけなく娘は空港内バスで行ってしまいました。もっともANAのカウンターには日本人スタッフがいて、全く問題はなかったです。
往路で使い道のなかったプライオリティパスは、「アラスカラウンジ」というところで使えることはリサーチ済みで、それはチェックインしてすぐ見つけましたので、手持ちのお土産を少し買おうと免税店を見て歩きました。「自由の女神」をプリントしたチョコレートがあったので2つ買い、改めて「アラスカラウンジ」へ向かいました。
ラウンジというところを利用するようになって、その快適さに目からうろこが落ちるようです。アラスカラウンジは昨年利用したいくつかのラウンジと比べても格段に快適でした。黒パンのトーストとヨーグルト、コーヒーは自分が飲めるだけ注げばよく、ミルク多めでいただきました。また、これは今年発見したことですが、アメリカでコーヒーを頼むと、スタバでも飛行機内でもミルクがボトルごとバケツで冷やされていて、本物の牛乳を注いでくれます。日本人の馴れているポーションタイプのミルクは実は植物性のまがい物です。今回の旅でつらかったのは、ホテルに冷蔵庫がなくて牛乳が飲めなかったことでした。日本でなら、コンビニでパックの飲みきりサイズのものもあるのですが、似たようなサイズで「ココナツミルク」というものもありましたが、同じものではないと思われます。
帰りの機内でも6本の映画を見ました。途中寝落ちするという、かつての私には考えられない時間もありましたが、1番面白かったのは「インクレディブル ファミリー」でした。
総じて、英語を聞くばかりでしゃべる機会がなかったな、と少しだけ不満を残してセントレアまでたどり着いたのは午後7時。日付は10月17日です。途中やはり台風の影響で、フライトの時間が押して予定よりも1時間ほど遅くなりました。豊田市駅へ向かうバスはちょうど出てしまった時間でしたので、セントレア内で夕食をとろうと4階へ上がり、結局出発した時と同じおにぎり屋さんで、おかかおにぎりを食べました。
豊田市駅まであと少しとなったバスの車内で、運転手さんに英語で話しかける青年がいました。お兄さんが豊田のホテルで待っているのだが、ホテルの名前がわからない、と。豊田は地方都市ですが、私が知っているだけでも5つはホテルがあります。ここが出番と話しかけた私が聞き出したのは、青年はモンゴルから来てお兄さんがトヨタで美術の仕事をしているのだそうです。ちょっとイメージできませんが、昨年香港から隣り合わせたネパールの女性と比べると、かなりコミュニケーションが取れたように思います。
結局、青年が言いたかったのは、お兄さんが待っているのはバスの終点であるところの「名鉄トヨタホテル」のことでした。私たちが名鉄トヨタホテルに着いた時にお兄さんらしい姿はありませんでしたが、「大丈夫」という青年の言葉を信じて置き去りにし、10時頃足助の我が家にたどり着きました。
久々に湯船につかるジャパニーズスタイルのお風呂は、心身ともに癒されます。
少々端折りましたが、これで今年のニューヨークの旅日記を終わります。
posted by nora_asuke at 22:29| Comment(0) | #旅行

2019年10月26日

ニューヨークへ行ってきました 8

5泊7日のニューヨーク旅行の、実質的に最後の日を迎えました。
この日(10月15日)は、ハーレムツアーに出かけました。ニューヨーク在住の堂本かおるさんというライターさんがコーディネートしてくれたツアーです。参加者は私たち親子ともう1組日本人とそのお連れの4人だけ。娘は、かおるさんのブログを見て、直接ガイドを依頼したそうです。
↓は、かおるさんの朝日新聞のネット記事です。
https://globe.asahi.com/article/12801921
ハーレム地域を歩き回り、オバマ大統領が若いころ住んでいた住宅など、ニッチな情報満載のツアーでした。
午後1時には解散したので、ハーレム内の「Red Rooster」というチキン料理の店でお昼を食べ、先日行くのを諦めたエンパイアステートビルへ向かいました。これでCyty PASSを全て使い切りました。
さて、この日は仕上げにブロードウェイミュージカル「シカゴ」を見に行きました。劇場は宿泊していたホテルの真向かいで、娘は過去に米倉涼子さんが客演した時を含めて4~5回見ているが、毎度感動すると言っていました。
内容はここに書くまでもないと思いますが、ミュージカルが作成されたのが1970年代で、それは世界的にウーマンリブが猛烈に盛り上がった時代背景だ、とうんちくを垂れる母でした。
娘はCyty PASSで有名な観光地をあらかた見ることができたので、自分はもうアメリカ国内でカリフォルニア以外の観光地は全て行ったと申します。ついては、来年は二人でカリフォルニアへ行くのはいかがか、と。またしても魅力的な提案ではありますが、昨年のボストンも娘の土地勘があればこその旅でしたので、二人とも土地勘のないカリフォルニアを訪ねるというのはいささか無謀です。ですが、昨年もそう思いながらニューヨーク行きを敢行できましたので、1年たつ頃には条件が変わっているかもしれません。
日本の台風の情報に心を痛めながら、帰国の準備をして、最後の夜を過ごしました。(続く)
posted by nora_asuke at 15:39| Comment(0) | #旅行