2021年06月01日

稲の旋律

民主文学同盟の若手として期待を集めていた旭爪あかねさんが亡くなったのは昨年11月でした。遺稿となったエッセイが赤旗に掲載され、「民主文学」誌上に再録され、いや、これはちゃんと読んでおかねば、と図書館に予約をいれ「世界の色をつかまえに」と「稲の旋律」を読み終えました。図書館になかった本も取り寄せて「歩き直してきた道」も読みました。あと2冊、買って手元にある本があります。
「稲の旋律」は映画にもなって、上映されたものを見た記憶があるのですが、冒頭手紙をペットボトルに入れるシーンを見て、「ペットボトルなんてそもそもエコじゃないじゃん」と見る意欲を失いました。今回旭爪さんの著作を読んで、旭爪さん自身はもとから社会的な活動に積極的だったわけではなく、小説を書き上げてしまった責任上表舞台に顔をさらす羽目になった経緯が読み取れました。
この辺が「小説家」であった旭爪さんと「活動家がモノを書く」私の決定的な差のようです。旭爪さんが愛読した児童文学の多くは私も同じく感銘を受けた作品群で、ご存命であればいつか親しくお話しできる日もあったろうかと残念な気持ちを抱きました。
さらに、鬱病に苦しんだ日々は同病相憐れむという言葉では言い尽くせない感情に襲われました。旭爪さんは、名声を確立したがために逃げ場所を失ったようです。それも「民主文学」という「世の中をよくする人のための文学」を背負った故に弱音を吐く場所を失ったように思います。
農業を巡る課題は複雑で、「ヨメ」として虐げられてきたはずのおばあさんが自分が「姑」になったとたん「息子の連れ合い」を「ヨメ」扱いするという、ジェンダー的逆発展法則があり、若い世代の主張が通りにくい現実もあります。
また、不登校の子どもを「農村留学」させて過疎に悩む僻地の児童を増やすなんて取り組みもありましたが、親元を離れる子どもの気持ちも一筋縄ではありません。
まあ、一時増えた「海外からヨメをもらう」取り組みがいつからか下火になったのは歓迎しますが、すでに日本に嫁いできたママさんたちがこのまま日本で高齢期を迎える時期になっていることも気がかりです。
2001年に書かれた「稲の旋律」の提起した課題は、確かにコロナパンデミックに対する予言的課題であったと思いました。
posted by nora_asuke at 14:21| Comment(0) | #読書

2021年05月12日

新人類の自負

Amazonのリコメンドでコミックエッセイを3冊まとめ買いしました。まとめて買っても値引きがあるわけじゃないですが、段ボール箱が一つで済みました。
最近でこそ難解な本もガシガシ読んでいますが、以前はコミックエッセイしか読みこなせない時期もありました。このブログにも「コミックエッセイ」というタイトルで書いた記事があり(2012年1月6日)、「働きママン」というワーママさんのことを書いています。それからほぼ10年が経ち、今回読んだコミックが「面白おかしく、しかも深い」内容になっていたことに驚きと称賛の気持ちを抱きました。(「夫の扶養から抜け出したい」「親になったの私だけ!?」「離婚してもいいですか?」いずれもKADOKAWA)。
高校生の頃「しらけ世代」と呼ばれた私たちは、小難しい議論を避けるイメージでくくられていましたが、難しい話が嫌いだったわけじゃなく、つまらない話が嫌いだったのではないかと自己分析しています。真面目に学生運動に取り組んでいた学生が、長髪を断ってサラリーマンになっていくのに追随したくない気持ちがありました。
フェミニズムの先輩たちが過酷な時代を戦ってきたことに敬意を払いつつも、自分の幸せと社会の幸せをどちらも手放せない「新人類」の先駆けであることに責任を感じています。
posted by nora_asuke at 14:49| Comment(0) | #読書

2021年05月08日

SFの魅力

「ハロー・ワールド」というめちゃくちゃ面白い小説を読みました。
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000314287
描かれている時代が全く違和感がないのですが、執筆されたのは2018年です。作者をフォローして「ポストコロナのSF」という本をこちらは購入して読んでいる最中です。
子どもの頃学校の図書室で初めて「SF」というジャンルに出会った時、これは面白いと思い「早川ミステリー」などいくつかは手にしたのですが、当時はまだ翻訳物が主流でカタカナで書かれる登場人物すら把握できませんでした。萩尾望都先生が漫画にした「百億の昼と千億の夜」も光瀬龍先生の小説は読んでいません。
昨年「医学のタマゴ」が2022年を舞台に書かれていて、カオル君はコロナ世代になることを書きましたが、今まさにコロナ世代の若い作家さんが描く「ポストコロナ」は、どれも大変示唆に富んでいます。
どれだけITやAIが進化しても、物語(あるいは詩)を紡ぐのは人間であることだなあ、としみじみ感じています。
posted by nora_asuke at 11:15| Comment(0) | #読書