2022年07月13日

小説「今度生まれたら」

「買ってまで読もうとは思っていなかった」小説「今度生まれたら」を友人から借りて読むことができました。ドラマとはかなり違っていましたが、内館牧子さんの毒舌炸裂で大変面白かったです。
内館さん自身OLからシナリオライターに転身された方ですから、当時の働く女性たちの代弁者でもあります。ドラマにも登場した女性弁護士が、出身高校の偏差値ランキングで自分より下なのに、とぼやく主人公は男女を問わず同じ気持ちを抱いている方が多いのではないでしょうか。
そもそも「偏差値」しか人を評価する物差しがない、という見方が「多様性」を欠いています。さすがに正面切って偏差値を持ち出す人は昨今見かけなくなりましたが、「子どもたちに学びの保障を」というスローガンで一律に偏差値を上げるというのは、理屈から言っても無理です。100人の子どもが全員100点を取ったら、平均点が100点になって優劣がつけられません。
かと言って、充分に学習する機会を得られない子どもが、社会的弱者になっている実態もあるわけで、「評価」という行為がつくづく難しいものであるな、と思っています。
posted by nora_asuke at 17:01| Comment(0) | #読書

2022年06月26日

第8分冊読了

「忙中閑あり」などと言っている場合ではないのですが、昨年末から読んでいた新版資本論第8分冊をようやく読了しました。本来資本論は「第1部」「第2部」「第3部」からなり、今日読み終えた第8分冊は「第3部」の1番最初の部分ということになります。マルクスが亡くなった後、エンゲルスがまとめた労作です。
一番難しかったのは「利潤率」と「剰余価値率」は別物だ、というところです。多分、ちゃんと大学で経済学専攻でもなければ歯が立たないのでしょう。読み切っただけエライ、と自分を褒めたいところです。
ロシアの新興財閥「オリガルヒ」というのは、特定の企業ではないそうです。日本を含む資本主義国の財閥が財界を主導してきたのとは歴史が違いそうです。
最近は、IT系の大企業や「スタートアップ」とか「ユニコーン」とかいうお金持ちが現れてますが、お金のやり取りだけではない「経済」をきちんと学ぶ必要性はひしひしと感じています。
posted by nora_asuke at 17:18| Comment(0) | #読書

2022年06月18日

kindleのシステム変更

kindleで本を読むことは結構昔からやっていて、自分で出版することまでしています。気になった本を「試し読み」してから、図書館に予約したり、紙媒体の本を購入したり、フルバージョンダウンロードしたりしています。
昨年京都大学が無料で提供していた「統計学」の講座を受けたものの、実際に統計ソフトを使うにはそれなりの研究機関に所属しなければいけないのだということを知り、ギブアップしていました。しかしながら「情報」と「統計」はセットで扱わなければ理解不能に陥るという思いはいや増していましたので、「統計学が最強の学問である」という書籍を見つけていつものようにkindleで試し読みをしました。(↓は紙製品)
https://www.diamond.co.jp/book/9784478022214.html
ちょうどAmazonのセール期間中でもあったので、そのままフルバージョン購入に進もうと思ったら「アプリからは購入できません」という表示になっていました。そういえばそんなメールを最近受け取ったような気もします。説明をちゃんと読むと「欲しいものリスト」に登録した後Amazonのサイトから購入手続きをしてくれということでした。
スマホにもAmazonのアプリがあるのですが、それではだめでちゃんとパソコンの画面から所定の手続きを経て無事ダウンロードできたのですが、私のkindle端末はすでに7つも登録されていました。
個人情報を制限するために取られたシステム変更だと思いますが、握られた情報は取り戻せないようです。
posted by nora_asuke at 17:42| Comment(0) | #読書