2022年12月25日

空想電車

昨日は雪に閉じ込められて一日読書で過ごしました。その中に「鉄道電車」という短編集があり、それぞれ大変よくできた小説でした。
https://www.kotsu.co.jp/products/details/611119.html
息子が鉄オタで、というか、私自身結構鉄道好きで、なるほどなるほどと読み終えて、「ははあ、青森と言うのは今やこんな文化先進都市になっているのか」と感心していたら、さすが本物のテツヲタである息子から「それは能町みね子さんの空想電車だ」と言われました。
他の作品も、鉄道は本物でもSFだったり、全てが事実ではありません。そういった想像力を養うのが読書の大きな力です。
posted by nora_asuke at 15:51| Comment(0) | #読書

2022年12月05日

闘う図書館

本日も在宅です。
図書館から「貸し出し準備の出来た本が3冊ある」と連絡がきていますが、月曜日は貸出日ではないので明日受け取るつもりです。今借りている2冊をその時返却したのですが、ウクライナ情勢を扱った1冊はそんなに簡単に読める代物ではありません。返却期限いっぱい借りる予定です。もう1冊のアンソロジーは、読みたい作家さんだけつまみ食いして返却します。
こんな感じで次から次へと借りたり返したりしているのですが、時々購入することもあります。先日借りた「闘う図書館」はデジタル版を購入しました。
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480017581/
私にとって図書館と言うのは「紙の本を借りる場所」でしたが、情報を発信する機関としての図書館に注目した本です。
何でもかんでもアメリカに先を越されるのもしゃくなところではありますが、優れた実践を学ぶことに躊躇はありません。
posted by nora_asuke at 14:25| Comment(0) | #読書

2022年10月05日

国会図書館

書評等で読みたい本があった時、
1、どうしても今読みたい→kindle版を購入
2、少し待ってもいいから読みたい→図書館に予約
3、内容を確かめて上記「1」「2」を選ぶ→kindleの試し読み
と、おおむねこのような手段を取ります。
先日「リベラル再起動のために」という本の試し読みをして、たいそう面白かったので図書館に予約しようとしたのですが「蔵書がありません」という結果でした。2016年の出版で、「特定機密保護法」が強行採決された前後の鼎談です。(北田暁大さん、白井聡さん、五野井郁夫さん)
面白かったのですが、すでに6年前の本なので今さら購入するまでもない。だいたい「民主党」はすでに無くなった政党です。
いろいろ試して「国会図書館で借りる」という方法を思いつきました。すると「オンライン遠隔複写」など、様々なサービスを受けることがわかりました。ただし、コピー代は有料です。
さらに、私が読みたかった「リベラル再起動のために」は「来館で借りる」か「複写」しかできなくて、書籍そのものを借りることはできないようです。ただ、愛知県図書館と名古屋市図書館には蔵書があるということもわかりました。
愛知県図書館は、館内閲覧しかできません。名古屋市図書館の利用案内を見たら「愛知県に在勤在住であれば利用可能」とありました。名古屋市内の図書館へ出向く必要がありますが、急ぐ必要はないので、いつか手続きをしようと思います。
posted by nora_asuke at 17:59| Comment(0) | #読書