2022年09月15日

弔電

北海道の伯父さんが亡くなったと、母から電話がありました。96歳ですから大往生と言っていいでしょう。
母から通夜の会場と時間を聞いて、母名義で1通、私と弟二人の連名で1通、弔電を送りました。今は「D−MAIL」という名まえでNTT西日本に申し込みます。電話でも申し込めますが、ネットからだと文面のレイアウトが見られます。
台紙もお高いものから無料のものまで様々あって、母の名まえで送るものは500円の押し花柄のものを選びました。私たちきょうだいの分は無料台紙です。
コロナ禍で葬儀の縮小が当たり前になりました。義理で参加する葬儀が不要になったのはありがたいですが、誠実に弔意を示すというのも存外難しいものです。
posted by nora_asuke at 13:44| Comment(0) | #家族

2022年09月08日

モラロジー

統一協会とアベ元首相の国葬を巡って「議院運営委員会」のNHKプラスを見ていました。今は、ビデオライブラリーで配信されているようです。
https://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=54096&media_type=
統一協会を巡る報道の中で、よく似た他団体として「モラロジー道徳研究所」の名まえを見かけて、そういえば亡くなったおじいさんは熱心に活動していたな、と思い出しました。「道徳科学」を広げる目的で戦前から活動しています。夫と私はイデオロギー的にはおじいさん・おばあさんと相いれませんが、対外的に「いい家族」であるとアピールしたいおばあさんの気持ちにつけ入っています。
ところで、最近「食べ物通信」という雑誌を定期購読するようになりました。
https://www.tabemonotuushin.co.jp/publics/index/33/
赤旗は死んでも読まないおばあさんも「食べ物通信」は喜んで読んでくれます。その記事の中に「笑うことが健康にいい」と書いてありました。それを読んだおばあさんが「お母さん(私のこと)、テレビを見ながら声を出して笑ってもいいぞん」と言ってくれました。
笑うことにまで許可が必要な家族です。
posted by nora_asuke at 17:27| Comment(0) | #家族

2022年08月26日

オムライスの句

実家の母は長年短歌の同人誌に投稿を続ける傍ら俳句の会にも所属しています。私が今連句をやっているルーツの何割かは母の影響かもしれません。
母が入所している施設でも、利用者さんたちが集まって俳句の会が始まりました。初心者ばかりの集まりでお互いに点数をつけるのも難しいと思うのですが、俳句の句会と言うのはそういうもののようです。
施設での食事にオムライスが出た時に、職員さんの計らいで利用者さんの名まえを一人ずつケチャップで書いてくれたことがあったそうです。そう難しいことでもないですがお年寄りにはたいそう評判が良くて「もったいなくて食べられない」という人まであったとか。その時の情景を母が詠んだ「月細くオムライスには名を書きて」が満点だったそうです。母も喜んでいましたが、オムライスに書かれた自分の名まえを見て喜ぶ皆さんの顔が素直に感じとれます。
施設で連句を巻かせてくれるならいつ出向くと母には言っているのですが、「そんな難しいこと誰もできない」とうのが母の返事です。捌の差配でいかようにもできるのが連句の醍醐味なんですがね。
posted by nora_asuke at 13:59| Comment(0) | #家族