2021年06月10日

暑さ対策

母をコロナワクチン接種に送迎するため、実家に2泊滞在します。副作用がひどくて病院へ行く必要が出てくるかもしれないと考えて。
思えば母が自宅で一人暮らしができなくなったのは一昨年の猛暑のせいでした。今は施設のワンルームでエアコンを使用していますが、接種の前後に実家で過ごすために少しイエ全体を冷やす必要があります。2年前、実家のエアコン2台をフル稼働させても29度以下に下がらなかった悪夢を再現させるわけにはいきません。
エアコンを新しくすることは考えられないので、昨夜、夫に「空のペットボトルを少しためて、冷凍庫で凍らせておこうと思う」と言うと、ちょうど息子が持ち帰ったペットボトルの空き瓶が段ボール箱いっぱいあると言われました。それに水を入れて冷凍庫に入るだけ置いてきました。昔は買い置きの冷凍食品が詰まっていた我が家の冷凍庫は今はほとんどカラなのです。
さらに、ラジオで「スポットクーラー」の通販の広告が流れたのを聞きました。ワクチン接種は2回だけですが、足助の我が家でもキッチンなどエアコンの入らない場所で使えるかもしれないと考えて、水や氷を入れて冷やすタイプの簡単なスポットクーラーを探して一つ注文しました。
焼け石に水のような対策ですが、政府が本気でコロナ対策をとっているとも考えられない中、知恵を絞って生き抜きたいと思います。
posted by nora_asuke at 13:23| Comment(0) | #家族

2021年05月25日

ののちゃん

なんと夫が朝日新聞の定期購読を始めました。
これまで我が家では「中日新聞」「中日スポーツ」が毎朝配達されて、「赤旗」は翌日郵送で届きます。日曜祝日は郵便配達がないので、連休があったりすると「赤旗」が3部まとめて配達されたりしたのですが、今年のゴールデンウィークは1日から5日の分が6日にまとめて届き、夫は中日と中スポしか配達されないことに悲鳴を上げていました。
私は「赤旗」はもちろん「朝日新聞」と「毎日新聞」の電子版を購読していたのですが、夫が正式に朝日新聞の購読を決めてきたので、「朝日」の電子版は解約(正確に言うと「無料会員」に変更)しました。
今朝、初めて紙の朝日新聞が届き出勤前に「ののちゃん」を読んで来ました。「ののちゃん」も8000回を超えて連載されているようです。「ののちゃん」というタイトルより前には「となりの山田君」という、同じくいしいひさいち氏の4コマ漫画が連載されていたはずですが、通しての回数なのかどうかはわかりません。
「ののちゃん」に出てくる小学校の担任の先生が、実は大好きです。「#教師のバトン」で、学校の先生たちが大変だということがクローズアップされました。私が大学を卒業した頃から急速に先生たちの仕事がブラック化して、私も教壇に立つことを諦めた理由の一つが「自分の生活を守れない」と危惧したことでした。しかし、この先生(藤原瞳先生というらしい)は保護者の目も管理職の目も気にしない、完全に Going my way. です。
藤原先生に限らず、登場人物は皆我がままです。お互いのわがままを認め合える社会をSDGsと呼ぶのではないかと思います。 
posted by nora_asuke at 11:02| Comment(0) | #家族

2021年05月20日

コロナワクチン

実家の母のところにもワクチン接種のクーポン券が届きました。施設の他の皆さんのところにはとっくに送ってきたのに、なかなか手続きが難しそうだという話でした。
高齢者向けにネット予約しろと言う無理難題を強いるのもどうかと思いますが、通知に表示されているQRコードを読めばものの5分で予約完了できました。ただ、集団接種の予定表から選ぶのに、選択できる日にちは月に1日しかないのです。こんな簡単な仕組みをわざわざアプリ開発する必要もありません。しかも、選択画面は「セキュリティ保護されていません」という表示が出るので、知識のある方はかえって敬遠するでしょう。
昨年の今頃は世界中が右往左往していました。今もなお収拾がついた状況ではないですが、医学的科学的知見を集めて成果を出しつつある国がある一方で、日本の立ち遅れは海外メディアで報じられるほどです。それでもオリンピック中止を言い出せないアンバランスを解決するのはスーパーヒーローではなく、地道で泥臭く活動する草の根の力しかありません。
posted by nora_asuke at 11:17| Comment(0) | #家族