2021年12月25日

卒論の頃

結婚してから年末年始はかなりトラディショナルに過ごしていますが、その前には盆も正月もないような暮らしでした。とりわけ大学4年の年末年始は卒論を仕上げるため必死でした。
私の卒論のテーマは「地域の連携と教育力」(たしか)というタイトルで、現職の小学校の先生にインタビューに行ったり、文献から事例を探したりということをやったわけですが、「地域の教育力は、地域の民主的活動である」みたいな結論になっちゃって、これで口頭試問が通るだろうかと一抹の不安を抱きながら提出しました。1月10日が締め切りで、その前日の9日にはほぼ全員が(私を含め)提出を終えました。
今のようにワープロやましてパソコンのない時代でしたから、本文の章立てを考えて書けるところから書き進め、最終的にページ番号をつけて清書するのはなかなか大変な作業でした。
と、言いながら、その頃には夫と結婚することが決まっていて、正月の3日には今は我が家である足助のこの家へ年始に来たのです。今はママさんになっている姪が遊びに来ていて、学生である私がお年玉をあげるというのも変だし手ぶらというわけにもいかないし、と、さんざん考えてぬいぐるみを一つ持参しました。
それは「サントリービール」のCMに使われたペンギンのぬいぐるみで、知っている方には「Sweet Memories」のメロディーが思い浮かぶのではないかと思います。
posted by nora_asuke at 21:34| Comment(0) | #家族
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: