2021年06月09日

ウォールストリートジャーナルのおまけ

ウォールストリートジャーナルを読み始めて2週間ほどです。いちいちログインするのがめんどくさくて、「ウォールストリートジャーナル」のアプリをダウンロードしたら読めなくなってしまいました。メールで問い合わせると(日本語です)、アジア支局からお返事があり「毎日新聞にログインしてからウォールストリートジャーナルのリンクをたどってくれ」ということでした。せっかくダウンロードしたアプリをアンインストールすることで前と同じく読めるようになりました。慣れない方にはついていけないお話ではないかと思います。<(_ _)>
ただ、流石にウォールストリートジャーナルです。欧米のニュースは日本のメディアで読むより一歩早く届きます。また、英語だけじゃなく中国語で読める記事もあります。さらに、英語で音声の聞ける記事もあり、期待以上のサービスに喜んでいます。
自慢に聞こえると恥ずかしいのですが、英語の記事を文字で読むより音声で聞いた方が私には理解しやすいです。文字だと、未知の単語が出てくるとそこで躓いてしまいますが、抑揚の効いた音声なら全体を把握することができます。もともと「コトバ」というものは音声からスタートしたので、これが本来の理解する順番ではないかと思います。
「耳で聞いてわからない」→「文字を確かめる」(この段階で理解できる言葉もある)→「辞書で確かめる」。日本語ならこの順番で理解できるはずです。
今、赤旗日刊紙の連載小説が、「難聴者と手話通訳者」の物語で、音声を認識できない方たちがどのように「コトバ」を獲得しているのか、興味深く読んでいます。
posted by nora_asuke at 11:41| Comment(0) | #ネットサービス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: