2014年05月30日

資本論第7分冊

今、ブログ内リストを見ましたら、なんと、6年前に第3分冊を読み終えた記事がありました。その頃は半年に1冊くらい読んでいたようです。第7分冊を、今日読み終えたのですが、読み始めたのが2011年と記してあります。4年がかりで1冊読みとおしたのは、ある意味ほめていただいてもいいのではないでしょうか。
資本論はご存じのように第1巻から第3巻まであるのですが、私が読んでいるのは、それを新書サイズにして、全13巻にしたものです。数だけ見るとやっと半分か、と思われそうですが、前半が長いので、分量では3分の2くらい読み終わりました。
つまり、本来の資本論の第2巻を読み終えたところです。
今は亡き、ロシア語通訳の米沢万里さんが、「資本論は第3巻から読むのがよい」とどこかで書かれていましたが、どうやらその第3巻にたどり着いたようです。
posted by nora_asuke at 16:04| Comment(0) | 無題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: