2022年01月14日

トイレのカレンダー

亡くなった父は生前、トイレの小さなカレンダーに時々の「一句」を書き留めていました。季語はあったりなかったり、川柳とも俳句ともつかない父のオリジナルでした。
そのカレンダーは、多分当時も郵便局で手に入れていたのではないかと思います。記念切手をデザインした縦型の一カ月ごとにめくるタイプでした。父の絶筆のカレンダーがどこかにあるかもしれません。母は、父が亡くなってからもトイレにカレンダーをかけ続けていました。
足助の我が家のトイレにもカレンダーを取り付けたこともあるのですが、なにせ屋外にあるトイレですので、風に吹かれてとばされてしまうこともあり、今は殺風景なトイレです。
さて、我がオフィスには長年デスクカレンダーしか置けないと思ってきたのですが、入居年数も長くなり、壁紙が多少傷ついてもかまわないかなと思えるほどに古びてきました。英語俳句の師匠、吉村先生から毎年届く「英語俳句と写真」のコラボカレンダーをトイレの表面に貼り「英語教室です」アピールを強めにしました。これは2カ月が1枚になったたタイプのものです。
それから、近年私のいとこでもある神田絵里子(神田日勝の娘になります)ちゃんの絵をあしらった「帯広信用金庫」の1年を1枚に収めたカレンダーをトイレの内側に貼ってみました。1年を一望できるカレンダーと言うのは考えてみるとこれまで採用したことがなく、なかなか便利なものです。
ちなみにこのカレンダーを、昨年「父への手紙」というタイトルで書いた亡き父のお友だちの奥様にもお送りして、大変喜ばれました。
posted by nora_asuke at 14:41| Comment(0) | #家族