2021年06月03日

カーナビの癖

私が初代のカーナビを手に入れたのはもう10年前です。家電量販店で型落ちのものを格安でゲットしました。その後娘の置き土産のパッソに乗り換え、アクアに乗り換え、さらにデータ更新して使っています。
カーナビを使うようになって感心したのは、交差点の数十メートルも前から車線変更を教えてくれることです。私がよく使う道路で言えば、星ヶ丘の右折車線が2車線あったり、153号線で立体交差になっている箇所で右折するなら手前の交差点で予め左折するとか、カーナビ様様という場所がいくつかあります。
「この先10q、渋滞があります」と予告してくれるのもありがたいです。迂回ルートを選ぶと自動的にナビが修正されます。ただ、渋滞が全て予測されるわけでもなく、信号通過に時間がかかっているなと思うと、交通事故で規制中だったりということもままあります。コロナ禍でにわかドライバーが増えて、小さな事故が増えたような気がしますが気のせいでしょうか。
夫は私より前からカーナビ付きの車に乗っているにもかかわらず、頑としてカーナビに頼りません。カーナビの指示に従うと交差点を間違うそうです。「300メートル先」というのが運転している時に実感できないらしいです。私が3台のカーナビを経験して、確かにカーナビによって「○○メートル」の距離が少しずつ違うような気がします。この辺は、実際に使いながら癖を把握するしかないでしょう。
私は先日スマホを新しくし直したばかりです。全く同じ機種なのにどこかが違います。
機械にも個性があるということです。
posted by nora_asuke at 11:53| Comment(0) | #家電