2020年07月11日

学問はおもしろい

先日「賄賂のある暮らし」という本を読んで大変面白かったです。いつものように図書館で予約して取り寄せたのですが、どこで書評を見たのかな、と思って振り返ると、赤旗日刊紙の「学問はおもしろい」というコーナーで紹介されていたのでした。
https://www.hakusuisha.co.jp/book/b479976.html
デジタル版ですので、過去の記事を検索することができます。同じ「学問はおもしろい」のコーナーで「チョンキンマンションのボスは知っている」という本を探し当て、これもたいそう面白かったです。
https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/1568
上の2冊はどちらも女性研究者の著書で、お二人とも私より若いです。
私が大学を卒業したころは、4大卒女子の就職は「土砂降り」と言われました。その後「氷河期」というもっとひどい時期もあって、ロスジェネと呼ばれる世代があるわけです。
「就職できないから、大学院へ進学する」という選択肢をとった人も少なくなく、「院卒」というステータスに陰りが出たことも事実です。「逃げ恥」のみくりさんもそんな一人だったと思われます。
ですが、上述のお二方は地道に成果を上げていらっしゃいます。心から尊敬するとともに「男女雇用機会均等法」のもたらした成果もいくばくかはあると思いました。
また、この2冊がともに中国の情勢とも密接な関係があり、現在の香港情勢を見ると今後の研究に影響がないか懸念されるところです。
posted by nora_asuke at 15:39| Comment(0) | #日本共産党