2015年02月23日

簡易郵便局

昔、「ポストの数ほど保育所を」と運動してきた先輩の女性活動家がいました。今ならさしずめ「コンビニの数ほどデイケアを」でしょうか。
笑い話にしてはいけませんね。
ところで、郵便局の数は結構多いんですが、コンビニのように駐車場が広くありません。基本的に、歩いて行ける場所に郵便局が設置されているのでしょう。ですが、私のように車を常用している者にとっては、駐車場が狭いのは不便至極です。ついつい、スーパーまで行って、ATMを利用してしまいます。
しかし、今日は発想を変えて、「部屋から歩いて行ける所に、郵便局があるはずだ」とあたりをつけ、タブレットの案内で歩いて12分ほどの簡易郵便局まで行ってきました。
郵便局にもいろいろ種類があって、我が家の近くにある郵便局は「特定郵便局」だと知っていましたが、簡易郵便局と言うのは、どのようなものだろう、ひょっとしてATMに屋根をかぶせただけのものだろうか、と訪ね着いたのは、住宅街の中にあるクリーニング店のような小さな郵便局でした。で、私が想像したのとは逆に、ATMがありませんでした。振り込みは、手数料が振込先持ちの赤い用紙でしたので、支払いをしましたが、銀行印を持ってないので、預金の引き出しは諦めました。
実を言えば、今でこそ歩いて12分ですが、以前はその間に電車の線路があったので、大きく踏み切りへ迂回しなければ行けなかったはずです。電車がなくなったおかげで大層不便を強いられておりますが、住宅街の真ん中を電車が走っていた光景はちょっと危険な感じがします。
               
posted by nora_asuke at 14:54| Comment(0) | 無題