2024年06月18日

水 in トルコ

海外旅行の際、行き先がどこでもまず「水」の心配をするのではないでしょうか。蛇口から出る水をそのまま飲んでも大丈夫な日本は、世界でもまれな国です。トルコでも飲料水は基本的にペットボトルの水を飲むように、と、旅行アドバイスにありました。私は、セントレアのホテルでもらったペットボトルの水を頂戴して以来、結局「お金を払って水を買う」ということは一度もありませんでした。水を買わねばならないと覚悟はしていましたが、コーヒーやお茶なら持ち運べるだろうと、カラの水筒を一つスーツケースに忍ばせてはありました。まあ、使う機会がなければそれでもいい、くらいの考えで。
滞在先のシスターは、私の部屋にペットボトルの水を10本ほども用意してくれてあって、朝必要なだけ持って出るように、と言ってくれました。その他の時間にも他のメンバーやレストランで出されたりとか、ペットボトルの水は不自由なく補充されました。胃の小さい私は、すべてカラにするほど飲めなかったので、思いついて持参した水筒に残った水を入れて持ち歩きました。衛生的には問題ありません。はるばる持参した甲斐があったわけです。
じきに、シスターが自宅では浄水器を通した水道水を飲んでいることに気が付きました。それでは私もそのろ過した水を飲んでも大丈夫ではないか、と考えました。基本的にペットボトルはエコではありませんので。
シスターは笑って、「この浄水器は二重にろ過しているのだ。蛇口にろ過器が取り付けてあって、さらに冷蔵庫に入れる際にろ過している」と、私の水筒持参にOKを出してくれました。ただ、「私のカラの水筒」というのが「使用済みのペットボトル」と同意に聞こえたらしく、英語でニュアンスを説明する難しさを感じました。
ところで、滞在中観光バスを利用したりして、飛行機の中で出されるような小さな水のパックが用意された時がありますが、こちらは小さな衝撃でパックから水漏れが発生して、困惑することが多々ありました。他にも、日本でも見かかるようになった給水器もあちこちにあり、それこそカラになったペットボトルにつぎ足すこともできました。
トルコ語で「水」を「su」と言います。トルコ語の表記はほぼ日本でのローマ字読みと同じです。「スイ」という音読みを当てると日本語ととても近い感じがいたします。
飲用水ではなく、トイレでは、ペーパーを水に流すことはいたしません。ご注意ください。(続く)
posted by nora_asuke at 08:57| Comment(0) | #旅行

2024年06月17日

ルーミー in コンヤ

「コンヤ」というのはトルコの地名です。トルコチームが連れて行ってくれた場所の一つです。「明日、コンヤへ行く」とか言われて「昨日か今日か」と軽くめまいを覚えました。( ´艸`)
コンヤだけでもたくさんの観光をしたのですが、「ルーミーについてあらかじめ知識を得ておくように」と宿題が出され、日本チームはにわか勉強をしました。
WIKIペディアはっこちら。
トルコでは見るものすべてが新鮮でした。ルーミーが教え始めた最初の学校では「すべては台所から始まる」という等身大人形が展示されていました。ルーミーの教えを学んだ弟子は、自前の教室を開くことができるそうです。
台所で調理をすることで、経済的なことから科学的なことまですべての学問の基礎になるという教義は、参加したメンバーが大きくうなずいた内容でした。
この時、英語でガイドを務めてくれた青年が、一回りした後「旋回ダンス」のパフォーマンスを披露してくれました。粗末な小屋で何が始まるのだろうと、少し不安な気持ちで開演を待ったのですが、ひょっとすると彼もルーミーの教えを継ぐ一人だったのかもしれません。
なお、私がゲットした「ルーミー」に関する知識では、今、アメリカでルーミーが大もてだそうです。ブラッドピットがルーミーの言葉をタトゥーにしているらしいです。
(続く)
posted by nora_asuke at 10:08| Comment(0) | #旅行

2024年06月15日

学校訪問 at アンカラ

トルコでは、もちろんですが観光以外の日程も組まれていました。そのうちの一つが学校訪問です。年齢的に幼稚園相当から高校生までの学年が1か所で勉強している私立学校です。
私たちを案内してくれたのは、中学生の3人の女子です。学校案内をすることで、授業の単位に認定されるのだと言うことでした。かなり達者な英語でしたが、トルコでの第1言語はトルコ語です。彼女たちにとっても英語は「学習した言語」です。話すスピードはネイティヴ並みでしたが、用いる構文や単語は日本人メンバーでも理解できる内容でした。
その彼女たちと先生、日本とトルコのメンバー全員で、校長室でお茶をよばれました。校長先生が「英語はできない」とおっしゃったのは本当なのかご謙遜なのかは判然としません。自己紹介から始まって、その日見学したあれこれを英語でやり取りしました。
私は「Have you ever been abroad ?」とか「How many countries have you been ?」とか、英検の二次対策でやったような質問を繰り出しました。
そのうち、校長室にかけてあった壁時計が止まっていることに気づいた私は「What time is it ?」という英語初心者が必ず学ぶフレーズを口にしました。
この場合、私が期待する答えは「正確な時刻」ではありません。私は腕時計をはめていて、それを見れば時刻はわかるのです。案内の女生徒たちは笑いながら「この学校の時計は、どれもいつも止まっているのだ」と話してくれました。その後を引き取った先生と校長先生から「学校運営の予算が限られていて、時計は後回しにされているのだ」という説明がありました。
この時のやり取りを、トルコメンバーが記憶していたのでしょう。その後、トルコメンバーでも英会話に難のある何人かが私を練習台にするような英語の質問をしてくるようになりました。
別の日には、喫茶店でお茶を飲む際に「トルコ茶かコーヒーか」と聞かれ私は「Tea please.」と言って待っていたのですが、いつまで待ってもチャイが運ばれてきません。その代わり誰のものでもないカフェオレが一つテーブルにありました。私が「Tea please.」と言った後に、カフェオレを頼んだ日本メンバーがあり、私が「オレがあるならオレにすればよかった」と日本語で言ったのをトルコメンバーが察知して変えてくれてあったのです。実はトルコメンバーはGoogle翻訳を駆使して日本語での会話をすべてキャッチしていました。ありがたくも不思議な経験でした。(続く)
posted by nora_asuke at 11:14| Comment(0) | #語学